クラブについて

釣りマナー
(野島防波堤で釣るための、心構えと準備)


釣りをする上で、釣り人が守るべき釣り場の保護・保全と安全のための必要事項です。


ルール

釣り場の保全のため野島で行っており、是非ご理解の上ご協力をお願いします。

  • ごみ・電池・仕掛等を防波堤に放置しない。(持ち帰る)
  • 食べない魚を殺さない、死んでしまった魚は基本的に食す。
  • 防波堤でツブ、カニは必要な分以上は採取しない。また、釣り場を荒らしてしまうような場所では採取しない。

マナー

釣り人が気持ちよく釣りをするため、お互いのために守りましょう。

  • 野島防波堤では、コマセによる釣りをしない。(コマセを禁止しています)
  • 先行者のすぐ潮下に竿を入れない。
  • ヘチによって、むやみに海中をのぞきこまない。低い堤防では、一歩下がって釣りをするように心がける。
  • 一箇所を長く占領しない。また、荷物・釣り具などは他の釣り人の迷惑にならないように心がける。
  • 釣り場では、騒がない。ラジオを鳴らさない。歩く時に音を立てない。
  • その他、常識で考えられる不徳な行為、他人に不快感を与える行為をしない。

装備

釣りをする際には、安全を心がける事と備えが大切です。これらについての基本項目です。

  • 滑りやすい堤防や足元を波が洗う堤防では、十分な対策(スパイク、胴長など)を行う。しかし、歩く時は音を立てぬよう気遣い、他の釣り人に迷惑をかけない。
  • 夏の日中の暑さ対策を万全にする。十分な飲み物、帽子の着用、服装の気遣いを忘れずに。
  • 天候不順に備え、カッパ等を準備する。カッパ等は、雨だけでなく気象状況の変化による冷え、波シブキ等から身を守るのに役立ちます。