クラブについて

第1回大会 3月27日

釣果1枚、優勝は46.0cm、1.8kg

第1回大会 3月27日(1日大会) 結果報告
海津クラブ幹事長の狩野です。

【大会参加者】20名
【天候】曇り、昼前から晴れ
【潮汐】中潮、満潮6:34 178cm 干潮12:49 28cm
【釣果】1枚

2016年度の第一回月例会が3月27日に開催されました。
海津クラブは今年で設立から45周年を迎えます。大会参加者に記念品(ストリンガーロープ巻き+ロープ、45周年記念刻印付き)が配られます。
前々日には防波堤で57.5㎝の大物も上がっていて良い雰囲気の中での大会開催。海津クラブもこの大会で開幕を迎えます。
この日の予報は曇天であまり良くないとのことですが、黒鯛師にとっては最高な状況。早春なので釣果の波が激しいですが、皆釣果を期待して防波堤に向かいました。
沖はナライ6~7m、濁りも入っていますが若干潮が早め。雰囲気は悪くないもののもう少し風が欲しい状況。モーニングは各堤ともアタリが出ません。ここ暫くは満潮の潮変わりかソコリ近くで当たるため開始30分で持久戦の様相に。
しかし11:00前には残念ながら日も出てしまい、期待のソコリは予期せぬピーカン状態に。全体的に浅い野島防波堤はかなり苦しい状況になるも、ここ暫くの青灯のパターンを掴んでいた稲畠会員がソコリ間際に青灯オカマの溝で値千金の46cm 1.8㎏を仕留めます。同じ頃にハナレでもアタリが出るも魚は掛からず。午後は更に風も落ちて快晴に。結局大会全体で1枚のみの釣果で終了となってしまいました。。。各堤ともアタリも極めて少なく、第一回月例会は厳しい大会となってしまいました。

野島防波堤の乗っ込みは例年4月下旬まで楽しめます。今年は日によってエサが偏りますので出来ればカニとボサエビをお持ちするのがお勧め。1枚ツブやダンゴでも釣果が出ていますので合わせてお持ちするのも良いかと思います。
釣果に波があるものの、腹パンの大型が狙えるのもこの季節の楽しみです。防寒対策は万全にして、是非野島防波堤にお越しください。

スタートダッシュ賞_1位

スタートダッシュ賞_3位

優勝


大会動画_YouTube

大会のようすは、YouTubeで御覧ください。