クラブについて

第9大会 10月8日

釣果5枚、優勝は46.5cm、1.62kg

第9回月例大会幹事の狩野です。
10月8日(日)に野島防波堤にてクラブ月例会が開催されました。
野島防波堤はこの時期釣り物が多く、エギでアオリ・スミイカに投げ釣りのマダイやカレイ、ルアーや泳がせのシーバス、ちょい投げのカサゴ・メバルなどで土日は混雑します。しかもこの10月の大会は海津クラブの月例会で唯一の3連休の中日開催。前日の大ナライの反動かこの日は8:00便で70名を超える方が防波堤渡船を希望したため2便対応に。大会参加のクラブメンバーは14名ですが1便で10名、2便で4名のメンバーが出船しました。
朝一の天候は霧雲り、潮色は透け透け。北風4~5m程度。特に青灯はエギンガーと投げ釣り師含め何と50名以上が降りて黒鯛師にとって厳しい状況です。潮色に対して風も足りず各堤ともモーニングの声が聞こえません。しかし予報に反し9:00過ぎから北7m程度に強まります。すると9:15頃、2便でドック先で釣行していた村本海事関口社長が平場で魚を仕留めると青灯でも冨安さんが人混みをかいくぐって1枚GET。更にドック先では丸環側平場で川添さんがカニの爪で良型を仕留めます。新堤では9:40頃にタンクで梅津会長が平場で1枚、ドックでも11:30頃に石井さんが1枚仕留めます。混雑時でも釣果が期待出来るハナレは野島防波堤水泳部4名が水路を越えるも、アタリ2発のみ。同様に馬の背も反応がありませんでした。午後は濁りも入り上げ潮もよく流れ雰囲気が改善されたものの、ピーカン+ベタ凪で各堤とも釣果なく大会終了。午前中の5枚の釣果のみで大会終了となりました。
優勝は46.5cm 1.62kgを仕留めた川添さん。新人で月例大会初優勝です。第二位は43.0cm 1.27kgの石井さん、第三位は40cm 1.03kgの梅津会長でした。上位入賞の皆様、おめでとうございます。
2017年度のクラブの月例大会はこれで終了です。野島防波堤は条件(ナライ・潮高・潮流)が合えば年明け1月頃まで黒鯛が狙えます。防寒装備と波しぶきの対策を万全にすれば極浅のタナ釣りが狙って楽しめます。
年明けの2018年第一回大会開催は乗っ込み狙いの3月末開催の予定です。
【大会結果】
優 勝 川添さん 46.5cm 1.62kg 75.33pt
第二位 石井さん 43.0cm 1.27kg 54.61pt
第三位 梅津さん 40.0cm 1.03kg 41.20pt
第四位 冨安さん 38.0cm 0.94kg 35.72pt
第五位 関口社長 31.5cm 0.45kg 14.175pt
 

優勝

第2位

第3位

第4位

第5位


大会動画_YouTube

編集中です。しばらくお待ち頂きたく。