クラブについて

第5回大会 7月21日

釣果17枚、優勝は49.0cm、1.93kg

第5回大会 7月21日(1日大会) 結果報告
大会幹事の狩野です。
第5回大会のレポートです。
【潮廻り】小潮 満潮12:11(142cm)、干潮17:07(106cm) 
【風】 南西5〜10m
【潮色】 薄濁り
【結果】 合計釣果17枚 
 優勝 :神田さん    49.0㎝ 1.93  kg 馬の背
 準優勝:大曽根さん 47.0㎝ 1.625kg ハナレ 
 第3位:田中(公)さん 47.0㎝ 1.58 kg 新堤 他1枚
 第4位:平間さん    42.5cm  1.255kg  ドック 他1枚
 第5位:狩野         43.0cm   1.19 kg   ハナレ 他3枚
 第6位:梅津さん   41.0cm   1.2   kg   ハナレ 他1枚
 第7位:石井さん   41.5cm   1.0   kg   ハナレ
 第8位:山本さん   33.0cm   0.67  kg  青灯 他3枚

猛暑の予報でメンバー全員万全な熱中症対策で臨んだ7月度大会。参加者14名での夕マヅメまでの1日大会(7:00~日没)でした。
風は朝から5~6mの南西風、12:00まで上げ潮です。午前中はドック先、新堤を除く各堤に分かれてのスタートとなりました。沖は風もあって懸念された酷暑とはならず、以外にもこの時期としては比較的釣りやすい状況でした。午前中の潮は透けていて各堤で黒鯛を多数確認できるもののモーニングの声も聞こえてきません。それでも午前中は青灯で3枚、ハナレで2枚という釣果が出ました。
満潮を迎え、南風が強まったハナレはベタベタの沖側でポツポツアタリが出ます。新堤台の上でも釣果が出ます。15:00過ぎになると横須賀側は濁りも入り更に南風も強まって青灯・ハナレ内側の雰囲気が良くなります。特にハナレは下げ潮時にも関わらず風に押されて横須賀側から上げ潮のように潮が流れ出すと水路やガレ場で好反応。短い時合いで複数枚釣果が出ました。
午前中はモーニングもなくアタリも少なく苦戦が予想されましたが、終わってみると全体で17枚とまずまずの釣果でした。ハナレでは上げの内側や下げ潮時のベタベタの沖側でも魚が出て、夏の野島を実感しました。
優勝した神田さんは夕方の馬の背にて狙って仕留めた魚です。第2位の大曽根さんはハナレのガレ場での釣果、第3位の田中(公)さんは新堤コバの釣果でした。上位入賞された皆様、おめでとうございます。大会参加されたメンバーの方は長時間の釣行、大変お疲れさまでした。
 

 

優勝

第2位

第3位

第5位


第6位

第7位

第8位